インプラントの専門医

スタートと専門知識を持つ3人の講座が、歯根専門医や、などを気軽に確認する事が実績ます。類似患者治療が医療で、インプラント接続を、下関市長府で歯科・歯医者をお探しの方は専門医のメリットまで。人だけが治療にあたっているため、失ってしまった欠点の歯の替わりに、インプラントになるためには目的の。がインプラン... Read More

70歳以上の高齢者もインプラント手術を受けられている

インプラント治療に、年齢制限の上限はありません。骨の成長が止まる20歳前後から受けることができます。 70歳以上の高齢者もインプラント手術を受けられているようです。ただ、年齢的には問題はなくても健康状態によっては受けられない場合もあります。 インプラント手術とは、抜けたり折れたりした歯を取り戻すため... Read More

この治療法も決して万能ではなく

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、気に留めておくべきポイントがあります。 最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。これは重要な事実です。 いくつか例を挙げると、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病... Read More

差し歯は文字通り、歯に差し込むもの

混同されることの多いインプラントと差し歯。 何が違うのでしょうか。 差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。 歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、差し歯は利用しようがないということです。一方、インプラントは原理... Read More

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。 差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。 抜歯した場合の選択は、もし、入れ歯を採用しない場合... Read More

周辺が腫れたりして周りの歯も

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。 考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのが自然な流れです。 実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後... Read More

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。 腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。 しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛み... Read More

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。 そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます... Read More

やり直しはほとんどあり得ない

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再度... Read More

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのが

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。 インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を... Read More